こんにちは!SHOTAです
今回は炭水化物(糖質)を摂ると太る仕組みについてにお話したいと思います

まず炭水化物を摂るとどんな反応が起きるのか??
①お米やパンなどの炭水化物を摂ることで、血液中の糖(血糖値)が上昇します!
②その血糖を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます
③そのインスリンの働きによって、血糖がエネルギーに変換されるんです
ここまでの話であれば、全然問題がないように感じますよね

でも、実はエネルギーに変換される以上に糖質を摂ってしまうと、
インスリンの働きによって余った糖は脂肪に変換されて蓄えてしまうんですよ
それがお腹周りの脂肪とかに繋がって太ってしまうということになります!

じゃあ糖質を摂らなければ痩せるんじゃないかと思うかもしれませんが、
糖質はブドウ糖と言って、脳が働くために必要な唯一のエネルギー源なんです
あと脂肪を燃焼するためにも、糖質が必要なんです
だから糖質を摂らない分けにはいかないんです

ならどうすれば良いのか?
それは簡単です!食べ方の順番や食べるものを少し工夫しましょう
炭水化物を摂ると、インスリンが分泌されて血糖を下げる働きを抑えることはできません!
ただこのインスリンの働きを緩やかにすることはできます
緩やかにするためには、急激な血糖の上昇を抑えれば良いので、炭水化物を最初に食べずに、サラダなどから食べるようにしましょう
プラスで食物繊維が含まれている食材を摂ることで、食物繊維には血糖の上昇を抑えてくれる作用もあるのでとてもオススメです

これが炭水化物を摂ると太る仕組みです!
食べる順番や食べるものを工夫するだけで、同じ食事でも太りやすい、太りにくくなるがあるので
ぜひ意識してみてくださいね