こんにちは!SHOTAです

今回は、ダイエット中は
けっこう悩んでいる方が多い食欲についてお話ししていきます!


まず、食欲は何によって変動していると思いますか?

食欲を抑えたり刺激したりするのは、
カラダの中で作られるホルモンが関係しているんです

そのホルモンが、
レプチンとグレリン、セロトニンというホルモンです!
他にも食欲に関係しているホルモンは
たくさんありますが今回はこの大事な3つをご紹介します


この3つのホルモンの働きは、
レプチンとセロトニンは食欲を抑えてくれるホルモンで、
グレリンは食欲を刺激する働きがあるホルモンです


レプチンとグレリンは、
お互いにバランスを保つことで、
どちらか多くなったり少なくなったりすることを防いでいます!
このホルモンのバランスが崩れてしまうことで、
食欲が抑えられなくなってしまうんです


じゃあ、このホルモンのバランスが崩れてしまうのはなぜでしょうか?

①睡眠不足
②ストレスがある
③女性ホルモンのバランス乱れ

これらが大きく関係してます!
睡眠不足やストレスがあると、
レプチンが減ってグレリンが増えてしまいます

さっきも言った通り、この2つは
どちらかが増えればどちらかが減ってしまう関係性があるので、
レプチンが減ってグレリンが増えてしまい、
食欲が上がりたくさん食べてしまうことに繋がるのです


また、セロトニンはもともと女性は少なく、
女性ホルモンのバランスが崩れる周期では
分泌が少なくなりやすいため、
その分食欲が抑えにくくなってしまいます


そんな時は、諦めるのでなく
セロトニンの素となる栄養をしっかりとって(お肉、チーズ、大豆類など)、
規則正しい生活をするように心掛けましょう

今回紹介したホルモンは、
食欲を抑えるためにはとても大切なホルモンです!
我慢だらけでストレスがあるダイエットをするのではなく、
無理なく自分でできる!マイペースダイエットでいきましょうね

ぜひ参考にしてみて下さい